[顎変形症保険取扱機関 顎口腔機能診断施設指定医院] 仙台市宮城野区の歯科 はぎの歯科・矯正歯科

インプラント治療

インプラントとは

インプラントとは
失った歯の画期的な修復方法です。
この治療法を用いれば、周囲の健康な歯を全く削ることなく失った歯を歯根から回復でき、天然歯とほぼ同じように噛むことができます。
インプラントは第二の永久歯とも呼ばれ、ご自宅での正しいケアと定期的な健診をきちんと行うことにより長く維持することができます。

歯を失った場合の治療方法

ブリッジ

ブリッジ
両側の健康な歯を削ったり、歯の中の神経を取ったりして歯の修復を行います。

インプラント

インプラント
歯を失ったところにインプラント(人工歯根)を埋入するだけなので、まわりの健康な歯に負担をかけません。

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療のメリット

  • 安定した噛み合わせを比較的長く保つことができる
  • 審美性が高いので、自分の歯に近い見た目に仕上げることができる
  • 咀嚼能力(かみ合わせの力)が高いので、硬いものを食べたり、力強く歯をくいしばることができる
  • 自然の歯に近い機能が期待できるので、装着後の違和感や外れてしまう心配がない
  • 歯を失った箇所は顎の骨が自然に減ることがあるが、インプラントは直接顎の骨に埋め込むので咀嚼の刺激が顎の骨に伝わり衰退を防止することができる
  • 定期的にメインテナンスを行うことで、長持ちさせることができる

インプラント治療のデメリット

  • 個人差によるが、ブリッジに比べると治療時間が長期間かかる
  • 手術になるので、状態により適応とならないケースもある
  • 家庭での適切なブラッシングや医院での定期メンテナンスが必要になる(少なくても、半年に一回のメンテナンスが必要)
  • 比較的費用がかかる

インプラント治療の流れ

STEP1 診察

STEP1 診察
ブリッジが壊れて、上の前歯5本がない状態です。
まずは、取りはずし式の仮歯(部分入歯)を使ってもらいます。

STEP2 治療計画

STEP2 治療計画
模型上で、どういう感じの歯並びがいいか検討します。

STEP3 フィクスチャー埋入の手術

STEP3 フィクスチャー埋入の手術
インプラントを埋入し、骨と完全にくっつくのを1~4ヶ月待ちます。
この間は、再度取りはずし式の仮歯(部分入歯)を使ってもらいます。
(このケースでは、CT撮影の結果に基づき3本のインプラントをきれいに歯が並ぶ位置に埋入しました。)

STEP4 人工歯の装着

STEP4 人工歯の装着
インプラントが完全に骨とくっついたら固定式の仮歯を使って歯や歯ぐきの形を調整します。
また、食事や会話がうまくできるように慣らしていきます。

STEP5 メインテナンス

STEP5 メインテナンス
通常、治療開始から2~5ヶ月で、固定式の本歯が入ります。
ただし、骨の量が不足していて骨を造る手術が必要な場合は、さらに仮歯の期間が長くなります。
このあと、定期的な健診により、 クリーニングや咬み合わせの調整などを行います。

インプラント治療の症例

インプラント治療を行った患者様の実際の症例を掲載しております。

インプラント治療の症例①

歯列矯正治療をした後に前歯1本がないところをインプラントクラウンに

治療前

治療前イメージ画像

治療後

治療後イメージ画像

インプラント治療の症例②

奥歯1本がないところをインプラントクラウンに

治療中

治療中イメージ画像

治療後

治療後イメージ画像

インプラント治療の症例③

前歯4本がないところに2本のインプラントを植立してインプラントブリッジに

治療中

治療中イメージ画像

治療後

治療後イメージ画像

インプラント治療の症例④

奥歯3本がないところに2本のインプラントを植立してインプラントブリッジに

治療中

治療中イメージ画像

治療後

治療後イメージ画像

インプラント治療の症例⑤

1本しか歯が残っていない上あごに、8本の インプラントを植立してインプラントブリ ッジ(2装置)に

治療前

治療前イメージ画像

治療後

治療後イメージ画像

インプラント治療の症例⑥

上あごには1本のインプラントを植立して部分入歯の維持に利用
下あごには4本のインプラントを植立してインプラントブリッジに

治療中

治療中イメージ画像

治療後

治療後イメージ画像

インプラント治療の症例⑦

歯がない上あごに2本のインプラントを植立して全部入歯の維持に利用
→入歯の真ん中部分を失くし小さくしても、入歯は安定する

治療中

治療中イメージ画像

治療後

治療後イメージ画像

インプラント治療のよくある質問

インプラントの治療期間はどれくらいですか?

年齢や口腔内の状態によって異なりますが、約3ヶ月~6ヶ月程度です。

インプラントはどのくらい持ちますか?

その人の健康状態(口腔内の清潔度合い、骨の状態)により異なりますが大変長く持つ方もいらっしゃいます。

治療が受けられる年齢は何歳くらいですか?

骨の成長が止まる16歳から75歳ぐらいまでですが、健康状態によってはそれ以上も可能です。

人体への影響は?

インプラント材は生体適合性の高いチタン合金を使用しています。また、強度が高いので骨内で腐食することはありません。

インプラント治療は痛いですか?

的確な麻酔をしますので痛みはありません。

費用はどれくらいかかりますか?

健康保険は適用されません。治療方法によって手術費や材料費が異なりますので、詳しくは当医院の歯科医師にご相談ください。