子供の矯正治療 | 仙台市宮城野区の歯科 はぎの歯科・矯正歯科

仙台のインプラント治療は、はぎの歯科矯正歯科
  H O M E
  サイトマップ
  院 長 紹 介
  矯正担当医紹介
  院 内 紹 介
  一般治療
  インプラント治療
  インプラント治療
の進め方
  セラミック治療
  矯正治療
  ホワイトニング
  子供の歯の相談室
  ア ク セ ス
  診 療 予 約
  医療費控除
   
 
   
   
 
上の前歯が永久歯に生え変わった頃(7〜8歳)から様子をみて、必要があれば早期の治療をします。
早期の治療は、上の前歯が永久歯に生え変わった頃(7〜8歳)から始めます。
歯の生えかわりやあごの成長を利用して、簡単な装置であごやその周囲の筋肉のアンバランスを補い、健康な歯並びやかみ合わせの発育を助けます。
さらに必要があれば、永久歯が交換した後にあごの成長を見極めて本格的な矯正治療を行います。この時、あごの成長や筋肉をバランスよく保つことで治療期間は短くなり、仕上がりも良くなります。もちろん乳歯と永久歯の混在する時期に始める早期の治療だけですむことの方が多いのです。

矯正治療には本人のやる気が大事です。 だから、ひとりひとりのお口の様子だけでなく学校などの社会的なことも配慮して、治療の時期や方法を相談しながら決めていきます。 大切なお子様が矯正治療を通して、自ら心身の健康を守り育てていく意欲を育むお手伝いをさせていただきたいと思います。
 
上顎前突(出っ歯)や下顎前突(受け口)などで“あごの位置のずれ”が原因の場合には、あごの成長バランスをコントロールすることで、将来的な顎変形症の手術の可能性を減らすことができます。
   
 
  下あごが引っ込んでいるために
上の歯が出て見えます。
  下あごの成長を促しました。
 
   
 
  上と下の前歯がぶつかってから、下のあごが前に出てしまいます。
  早期の治療終了時
 
 
 
 
 
   
  あごの骨自体や歯列を広げることで、永久歯を抜かずに治療できる可能性が高くなります。
 
  歯の生える隙間がたりません。
  上あごと歯列を広げました。上あごの骨を広げることは成長期だからできることです。
 
 
  食事時の舌やくちびる・ほほ・のどの筋肉の使い方がおかしいこと、指しゃぶりなどの悪い癖や口呼吸は不正咬合と関係があります。また成長期にかみ合わせを悪いままにしておくと、顔にゆがみが生じたり、正しい舌の使い方や呼吸法を習得できずに、大人になってしまうこともあります。

いつもお口をあけています。

 

お口を閉じるとあごにうめぼし状のしわができてしまいます。

 

舌やお口周りの筋肉のバランスを整える訓練を約1年行ないました。写真は2年後の様子です。

 
 
当院は自立支援医療(更正・育成医療)機関、および顎口腔機能診断施設です。
 
 
 
 
Home | サイトマップ | 院 長 紹 介 | 矯正担当医紹介 | 院 内 紹 介 | 一般治療 | インプラント治療例 | インプラント治療の進め方 |
セラミック治療の目標 | セラミック治療例 | 矯正治療 | ホワイトニング | 子供の歯の相談室 | アクセス | 診 療 予 約 | 医療費控除
Copyright (C) はぎの歯科・矯正歯科. All Rights Reserved.